FC2ブログ

高知レイキ&心理カウンセリング|セラピストスクール

高知でカウンセリング、コーチング、レイキ、マインドブロックバスターなど各種セッション、講座を開催。|潜在意識で変化を起し、40代からの女性の現実を変える!体験セッション無料あり。潜在意識を書き換えブロックを解放するセラピーには定評あり。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自分を犠牲にしてでも他人を助けたい


他人や家族、周囲に対して、
自分を犠牲にしてでも、
『助けたいなー』と思ってしまうことありませんか?

心優しい方なら、少々無理してでも力になりたい…とか、
自分に辛い経験があればあるほど、相手の痛みがわかり、
どうにか楽になってもらいたい気持ちって湧いてきますよね^^

私、それは良いと思うんです。
助け合えることは素敵なこと。
相手を思いやれるハートは持ち続けたいですもの^^



でもあなたが、あれこれと口出し手出しをして、助けようとしても、
相手のその痛みをどうにもできず、
逆に、依存され、あなたが辛くなっては元も子もありません。

それこそ共倒れになってしまいますよね^^


それに、あれこれと口出し&手出ししてしまうのは、
決して相手を信頼しているとは言えません。

相手には、その痛みを乗り越える力があると信頼して、
その痛みを見守り、寄り添い、分かち合えるのなら素晴らしいですが、
人というのは、そううまく距離感を保てるものではないのが事実です。


また、自分を犠牲にしてでも誰かのためにと感じる場合、
助けたかった人が別にいたり、
助けてもらえなかった自分を抱えていることがあります。


ですから、もし、必要以上に相手に振り回されたり、
私、自分犠牲にしてるかも??と感じるのであれば、

もしかしたら、本当に助けたかった人は別にいるんじゃないか?
助けられなかった「過去の自分」が居たんじゃないか?
と考えてみて下さい^^

その関係を見直したり、まずは自分を救うことを優先させてあげて下さいね。



何より、あなたが苦しくならないことが最優先されるべきです。


それでいいんです。

あなたは、あなたを最優先していいんです^^



誰しも、そこから抜け出す力は持っています。

愛ある手助けとは、できないときはできないと示し、
その相手を信じることではないでしょうか。


優先されるべきは、あなたの幸せです。



6.png 





関連記事

| 心に関すること | 06:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mindblockbustr.jp/tb.php/252-d151a83e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT